モテるために!|「基本的心構え」と「女性の本音」

【モテたい男の基本的心構え】

あなたは、どんな恋愛をしたいのですか。

恋愛タイプにより恋愛テクニックが大きく異なってきます。
恋愛は大きく分けて、2つあります。

1つは、「ナンパによるワン・ナイト・ラブ」系

これは難度が高いです。

まず、スタート時点で足が止まります。
「何と声をかけたら いいんだろう?」です。

慣れたら、ひとりでに、わかってきます。

最初の一声


「最初の一声は
  何でもいいんだ。

大事なのは次の段階、
  話のつなぎ方だよ」

しかし、やっぱり、初心者にとって「最初の声かけ」の壁は、ヒマラヤ山脈より高く感じます。

「この壁を突破する強い心」

「失敗してもくじけない粘り強さ」

「女性に屈辱的な暴言を吐かれても鍛える精神の強さ」

「会話の流れをコントロールして、目的達成まで誘導する頭の良さ」

が必要です。

この能力は、まさに「優秀な営業マン」の能力です。

ナンパは、
営業能力が徹底的に鍛えられます

ナンパの難度は極めて高いです。

2つ目は、「純な普通の恋愛」です

これは、ナンパに比べると、グンと壁は低いです。

「ピクニック気分で越えられる」とは言いませんが「ある程度の準備をして登れば、越えられる」程度の山の高さです。
誰でも越えられます。

ただし、キチンと方向を示す磁石・正確な地図・登山計画・一歩ずつ踏みしめて進む強い自制心が求められます。

ナンパのように一瞬で決着をつけるのではなく、

時間をかけて、じっくりと取り組む恋愛

です。

この二つの恋愛タイプで、どちらが良くて、どちらが悪いではありません。

「二つのタイプの恋愛があり、

それぞれのタイプに適した攻略法がある」

ということです。

このサイトでは
「純な普通の恋愛をしたい人」をメインにしています。

しかし、ナンパテクニック(ヒマラヤ越え)も、時々説明しています。

「ヒマラヤ山脈越え」にもチャレンジして欲しいとの気持もあります。

女性の本音

女性は、

「誘われたい」

「声をかけてもらいたい」

と思っています。

これは間違いありません。

女性対象の恋愛マニュアル本が、
「これでもか!」という程、出版されています。
週刊誌も中高生向けの雑誌も、
「恋愛テクニック」が必ず載っています。

そして、その記事の内容は、一言で言うなら、

「どうすれば、男性が誘ってくれるか」

に尽きます。

女性も「誘われたい」のです。

それなら、「女性の方から積極的に言ってくれればいいのに」と思うのですが、そうは いかないのです。

女性は「誘いたい」のではなく、「誘われたい」のです。自分から積極的にアタックするのはイヤなのです。

とにかく「待っています」

それなら、こちらの方から、声をかけないのは、「もったいない!」とは思いませんか。

誘い方・・・テクニック

では、どうやって、誘えばいいでしょうか。

女性は、待っていますが「誰でも良い」というわけではありません。

嬉しい誘われ方


「自分の望み通りの人が、

  望み通りの誘い方」

     をして欲しいのです。

このあたりから、難しさが出てきます。

声のかけ方、女性に拒否されないための注意点など、細かなテクニックがたくさんあります。
男性にとって「そんなところまで・・・?」という感じです。
そうなんです「そんな小さなこと」を「積み重ねていけば」モテ男になります。

積み重ねの「手順」も重要な要素です。

このサイトは、そのあたりの恋愛テクニックを中心に解説しています。

記事数が増えてきたこの時期に、

もう一度 読者の皆様に御理解していただきたいと思い、この記事を書きました。

ここに書いたことを心の片隅に置いておけば、

 

「バーでのナンパ」もスムーズに進みます。

こちらの記事を参考にして下さい。